平成25年度 第98回 薬剤師国家試験問題
一般 実践問題 - 問 236,237

Pin Off  未ブックマーク   
問 236  正答率 : 67.5%
問 237  正答率 : 93.9%

 国家試験問題

国家試験問題
48歳男性。アセトアミノフェン錠を大量に服用し、病院に搬送されてきた。服用後4時間程度と推定され、血漿中アセトアミノフェン濃度は200 µg/mLを超えており、解毒薬による治療が必要と判断された。

問236(衛生)
アセトアミノフェンは代謝活性化を受けて毒性を示す。活性代謝物と考えられているのはどれか。1つ選べ。
スクリーンショット 2017-04-14 12.40.47.png



問237(実務)
この男性に使用すべき解毒薬はどれか。1つ選べ。

1 フルマゼニル
2 ペニシラミン
3 プラリドキシムヨウ化物(PAM)
4 N–アセチルシステイン
5 アトロピン硫酸塩

 解説動画作成を要望!

 解答を選択

問 236    
問 237    

 e-REC解説

問236 解答 4

アセトアミノフェンは構造中にヒドロキシ基があり、通常はグルクロン酸抱合や硫酸抱合を受けて排泄されるが、大量服用時には、CYP2E1によるにN-水酸化を受けて活性本態であるN-アセチル-p-ベンゾキノンイミンを生成する。


問237 解答 4

1 誤
フルマゼニルは、ベンゾジアゼピン系薬物の解毒に用いられる。

2 誤
ペニシラミンは、銅、水銀、亜鉛、鉛などの重金属の解毒に用いられる。

3 誤
プラリドキシムヨウ化物(PAM)は、有機リン系農薬の解毒に用いられる。

4 正
N–アセチルシステインは、グルタチオンの前駆体として働くことで、アセトアミノフェンの活性代謝物であるN-アセチル-p-ベンゾキノンイミンのグルタチオン抱合を促進し解毒する。

5 誤
アトロピン硫酸塩は、カルバメート系農薬や有機リン系農薬の解毒に用いられる。

 Myメモ - 0 / 1,000

e-REC 過去問解説システム上の [ 解説 ] , [ 解説動画 ] に掲載されている画像・映像・文章など、無断で複製・利用・転載する事は一切禁止いたします