平成31年度 第104回 薬剤師国家試験問題
一般 理論問題 - 問 180

Pin Off  未ブックマーク    |  |  |   
問 180  難易度 :

 国家試験問題

国家試験問題
45歳女性。健康診断で肥満、高血圧及び高血糖を指摘され、近医を受診した。高血圧症及び2型糖尿病と診断され、アンジオテンシンⅡ受容体遮断薬とジペプチジルペプチダーゼ−4(DPP−4)阻害薬の投与が開始された。しかし、3ヶ月間服薬しても期待した治療効果が得られなかったため、大学病院に紹介受診となった。診察の結果、丸顔と中心性肥満が認められ、二次性高血圧が疑われた。MRI検査により下垂体の腫瘍と、腹部CT検査により両側副腎の腫大を認めた。本症例の空腹時血液検査データで、高値を示す可能性が高いのはどれか。2つ選べ。

1 コルチゾール
2 カテコールアミン
3 アルドステロン
4 TSH
5 ACTH

 ビデオコントロール

 解説動画作成を要望!

 解答を選択

問 180    

 e-REC解説

解答 1、5

本患者は、丸顔と中心性肥満を認め、血糖値および血圧が高値を示している。また、MRI検査において下垂体の腫瘍、腹部CT検査により両側副腎の腫大を認めていることから、下垂体ACTH産生腫瘍によりコルチゾールの過剰分泌を呈するクッシング病であると推測される。そのため、本症例の空腹時血液検査データで、高値を示す可能性が高いのは、ACTHおよびコルチゾールであると考えられる。

 Myメモ - 0 / 1,000

e-REC 過去問解説システム上の [ 解説 ] , [ 解説動画 ] に掲載されている画像・映像・文章など、無断で複製・利用・転載する事は一切禁止いたします