平成31年度 第104回 薬剤師国家試験問題
一般 理論問題 - 問 190,191

Pin Off  未ブックマーク   
問 190  難易度 :
問 191  難易度 :

 国家試験問題

国家試験問題
19歳女性。高校生の頃から、気がつくと授業中に眠っていることがしばしばあったが、夜間に受験勉強に励んでいること原因と思っていた。大学に入学後も、授業中に突然眠ってしまったり、夜間に悪夢を見たりした。眠気により食生活が不規則にもなった。心配になり、友人や家族に相談したところ病院受診を勧められた。診察及び検査の結果、ナルコレプシーと診断され、処方1及び2で3ヶ月治療されたが、症状が改善されないため、処方1が処方3に変更となった。
スクリーンショット 2019-06-05 17.30.17.png

問190
本症例に関する病態、検査及び薬物療法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 睡眠時ポリグラフ検査や反復睡眠潜時検査が、診断に有用である。
2 メチルフェニデート塩酸塩の代わりにアトモキセチン塩酸塩を用いることができる。
3 処方3の薬剤は、処方1の薬剤より依存性が高い。
4 クロミプラミン塩酸塩は、REM睡眠関連症状の改善のために使用される。
5 日中覚醒できていれば、食生活と睡眠習慣の改善は推奨しない。


問191
前問の処方2及び処方3の薬物の作用機序として、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 γ−アミノ酪酸GABAA受容体遮断
2 ドバミン及びノルアドレナリンの再取り込み阻害
3 ノルアドレナリン及びセロトニンの再取り込み阻害
4 アデノシンA2A受容体遮断
5 ニコチン性アセチルコリン受容体刺激

 解答を選択

問 190    
問 191    

 e-REC解説

問190 解答 1、3、4
(複数の正解があるためいずれか2つ選択で正解とする。)

ナルコレプシーとは、覚醒-睡眠状態が分断化され、一定の覚醒状態および睡眠状態を維持できなくなり日中に突如としてREM睡眠による眠気が襲ってくる、通称「居眠り病」とよばれる疾患である。

1 正
ナルコレプシーの診断は、まず問診にて眠気の水準、情動脱力発作を含めたREM睡眠関連症状、ならびにこれらの症状の経過を明らかにし、睡眠時ポリグラフ検査や反復睡眠潜時検査により平均睡眠潜時やREM睡眠回数の算出、情動脱力発作の有無などをみることで行われる。

2 誤
アトモキセチン塩酸塩は、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の治療薬であり、ナルコレプシーに対しては適応をもたない。なお、メチルフェニデート塩酸塩は、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)およびナルコレプシーの両方に適応をもつ。

3 正:モダフィニルはメチルフェニデート塩酸塩に比べて依存性が低く、ナルコレプシー治療の第一選択薬として用いられる。

4 正
ナルコレプシーでは、REM睡眠を繰り返すことによる障害(REM睡眠関連症状)として体の力抜けてしまう情動脱力発作、入眠時の幻覚、睡眠中の麻痺などがみられ、その改善としてREM睡眠の発生を強く抑制することのできる抗うつ薬(クロミプラミンやイミプラミンやSSRIなど)が治療に用いられる。

5 誤
ナルコレプシーの治療では、食生活と睡眠習慣の改善などの行動療法も重要であり、日中覚醒できている場合でも生活習慣の改善等は続ける必要がある。


問191 解答 2、3

クロミプラミンは、ノルアドレナリン及びセロトニンの再取り込みを阻害するため、うつ病及びナルコレプシーに伴う情動脱力発作の改善に用いられる。
メチルフェニデートは、ドパミントランスポーター及びノルアドレナリントランスポーターを阻害することでシナプス間隙に存在するドパミン及びノルアドレナリンを増加させて神経系の機能を亢進させるため、ナルコレプシーに用いられる。

 Myメモ - 0 / 1,000

e-REC 過去問解説システム上の [ 解説 ] , [ 解説動画 ] に掲載されている画像・映像・文章など、無断で複製・利用・転載する事は一切禁止いたします