平成31年度 第104回 薬剤師国家試験問題
一般 理論問題 - 問 147

Pin Off  未ブックマーク    |  |  |   
問 147  難易度 :

 国家試験問題

国家試験問題
2010年から2015年の薬事工業生産動態統計による我が国の医薬品の生産金額に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 医薬品の生産金額の合計は年間10兆円を超えている。
2 医薬品の生産金額は年によって増減はあるものの、ほぼ横ばいに推移している。
3 医療用医薬品の薬効大分類別生産金額において、生物学的製剤が占める割合が最も多い。
4 一般用医薬品の生産金額は、医療用医薬品の生産金額の1割程度である。
5 一般用医薬品の薬効大分類別生産金額において、漢方製剤が占める割合が最も多い。

 ビデオコントロール

 解説動画作成を要望!

 解答を選択

問 147    

 e-REC解説

解答 2、4

1 誤
医薬品の生産金額の合計は、6兆7791億円(2010年)〜6兆8204億円(2015年)とほぼ横ばいで推移しており、いずれの年においても10兆円を超えていない。

2 正
解説1参照

3 誤
2015年の医療用医薬品の薬効大分類別生産金額において、循環器用薬が占める割合が最も多く、約19.5%である。なお、生物学的製剤が占める割合は約5%である。

4 正

5 誤
一般用医薬品の薬効大分類別生産金額において、外皮用薬が占める割合が最も多く、約20%である。なお、漢方製剤が占める割合は約3%である。

 Myメモ - 0 / 1,000

e-REC 過去問解説システム上の [ 解説 ] , [ 解説動画 ] に掲載されている画像・映像・文章など、無断で複製・利用・転載する事は一切禁止いたします