令和02年度 第105回 薬剤師国家試験問題
必須問題 - 問 2

Pin Off  未ブックマーク   
問 2  正答率 : 49.8%

 国家試験問題

国家試験問題
日本薬局方アスピリンの逆滴定による定量法で使用する標準液で、ファクターの値が必要なのはどれか。1つ選べ。

1 0.1 mol/Lエチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム液
2 0.1 mol/L硝酸銀液
3 0.5 mol/L水酸化ナトリウム液
4 0.1 mol/Lチオ硫酸ナトリウム液
5 0.25 mol/L硫酸

 解説動画作成を要望!

 解答を選択

問 2    

 e-REC解説

解答 5

日本薬局方において、中和滴定によるアスピリンの定量法は、逆滴定※の操作で行うと規定されている。
※試料に一定過剰の標準液を加え反応させ、反応しなかった過量の標準液を、別の標準液(逆滴定用標準液)で滴定する。別に空試験を行い、空試験との差から含量(%)を算出する方法である。
本法では、アスピリンに一定過量の0.5 mol/L水酸化ナトリウム液(標準液)を加えて反応させた後、反応しなかった過量の水酸化ナトリウム液を0.25 mol/L硫酸(逆滴定用標準液)で滴定し、アスピリンの量を求める。
以下、本法の概要である。アスピリンの含量は式①で表され、このとき、0.25 mol/L硫酸のファクター(f)が必要となる。

スクリーンショット 2020-06-03 11.39.12.png

 Myメモ - 0 / 1,000

e-REC 過去問解説システム上の [ 解説 ] , [ 解説動画 ] に掲載されている画像・映像・文章など、無断で複製・利用・転載する事は一切禁止いたします