令和04年度 第107回 薬剤師国家試験問題
一般 実践問題 - 問 284,285

Pin Off  未ブックマーク   
問 284  正答率 : 50.9%
問 285  正答率 : 49.2%

 国家試験問題

国家試験問題
近隣で喫茶店を営む高齢男性から、体調変化に関してかかりつけ薬剤師に相談があった。以前から神経因性疼痛があり、一般用医薬品の芍薬甘草湯を服用しているが、「最近、足がむずむずして気持ち悪いことが多く、夜も寝られないことがある。」とのことだった。近医を紹介し、お薬手帳を持参の上で受診するように提案した。その後、紹介した医師より、ドパミンアゴニスト使用不可のレストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)と診断され、以下の処方を考えている旨の連絡がこのかかりつけ薬剤師にあった。

スクリーンショット 2022-07-05 15.34.54.png

問284(実務)
かかりつけ薬剤師が、患者や医師に対して行う処方薬に関する説明として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 飲みにくい場合は、自身で飲みやすいサイズに分割するように患者に説明する。
2 用量調整が必要になるので、肝機能検査値を医師に確認する。
3 芍薬甘草湯は併用できないので、服用中止を患者に説明する。
4 霧視等の眼障害について、診察時に医師から説明を受けたかについて患者に確認する。
5 眠気等が起こることがあるので自動車の運転は控えることを患者に説明する。


問285(薬剤)
ガバペンチン エナカルビル及びその製剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ガバペンチン エナカルビルは、ガバペンチンの経口吸収のばらつきや飽和を改善するプロドラッグである。
2 ガバペンチン エナカルビルは、カルボキシルエステラーゼによる代謝を受けて活性代謝物ガバペンチンに変換される。
3 ガバペンチン エナカルビルは、ガバペンチンと同じCa2+チャネルを介して消化管から吸収される。
4 本錠剤には、崩壊剤としてグリセリン脂肪酸エステルが含まれる。
5 本錠剤は、腸溶性を示す。

 解説動画作成を要望!

 解答を選択

問 284    
問 285    

 e-REC解説

問284 解答 4、5

1 誤
本剤は、徐放錠であるため分割すると本剤の徐放性が失われる可能性がある。したがって、飲みにくい場合は、自身で飲みやすいサイズに分割せず、薬剤師に相談するよう説明する。


2 誤
本剤は、主に活性代謝物であるガバペンチンとして尿中排泄されるため、腎機能の低下により排泄が遅延し、血中薬物濃度が上昇する可能性がある。したがって、用量調整が必要になるので、腎機能検査値を医師に確認する。

3 誤
本剤と、芍薬甘草湯は併用可能である。したがって、服用中止を患者に説明する必要はない。

4 正
本剤の投与により、霧視、弱視、視覚異常等の眼障害が生じる可能性がある。したがって、霧視等の眼障害について、診察時に医師から説明を受けたかについて患者に確認する。

5 正
本剤の投与により、傾眠、注意力・集中力等の低下が生じる可能性がある。したがって、自動車の運転は控えることを患者に説明する。


問285 解答 1、2

1 正
ガバペンチン エナカルビルは、ガバペンチンの吸収のばらつきや臨床投与量付近での薬物吸収トランスポーターの飽和を改善するプロドラッグである。

2 正
ガバペンチン エナカルビルは、消化管上皮細胞内あるいは肝臓等に存在するカルボキシルエステラーゼによる代謝を受けて活性代謝物であるガバペンチンに変換される。

3 誤
ガバペンチンは、アミノ酸トランスポーターを介して吸収される。一方、ガバペンチン エナカルビルは、モノカルボン酸トランスポーターのタイプ1及び、ナトリウム依存性マルチビタミントランスポーターを介した能動輸送、並びにpHに依存した受動拡散によって消化管から吸収される。

4 誤
本錠剤は、徐放錠であり徐放性基剤としてグリセリン脂肪酸エステルが含まれる。

5 誤
本錠剤は、腸溶性コーティング剤を用いておらず、腸溶性は示さない。

 Myメモ - 0 / 1,000

e-REC 過去問解説システム上の [ 解説 ] , [ 解説動画 ] に掲載されている画像・映像・文章など、無断で複製・利用・転載する事は一切禁止いたします