平成28年度 第101回 薬剤師国家試験問題
一般 実践問題 - 問 282,283

Pin Off  未ブックマーク   
問 282  難易度 :
問 283  難易度 :

 国家試験問題

国家試験問題
75歳男性。かねてから緑内障治療のため、処方1の薬剤を使用していた。両目が充血し、目やにも出ることから、かかりつけの眼科医を受診したところ、細菌性結膜炎と診断され、処方2が新たに追加された。
スクリーンショット 2016-10-03 12.03.42.png


問282(実務)
これらの処方薬の使用方法について、薬剤師が患者に指導する内容として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 点眼後は、数回まばたきをし、薬液が患部全体にいきわたるようにする。
2 点眼後は、目頭を圧迫する。
3 夕方の点眼時は、2剤を間隔をあけずに連続して点眼する。
4 夕方の点眼時は、処方2の薬剤を先に点眼する。


問283(薬剤)
処方1の点眼液には、下記の添加剤が含まれている。それぞれの添加剤の使用目的のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
スクリーンショット 2016-10-03 12.03.51.png


1 ベンザルコニウム塩化物は、主薬の酸化防止剤として添加されている。
2 塩化ナトリウムは、等張化剤として添加されている。
3 リン酸二水素ナトリウムは、着色剤として添加されている。
4 水酸化ナトリウムは、保存剤として添加されている。
5 アルギン酸は、主薬の眼表面での滞留性向上の目的で添加されている。

 解説動画作成を要望!

 解答を選択

問 282    
問 283    

 e-REC解説

問282 解答 2、4

1 誤
点眼後は、まばたきをせずに目頭を圧迫するよう指導する必要がある。点眼後に数回まばたきをすると、薬液が鼻涙管を通ってのどに流れていき、排泄が促進される。また、点眼後に数回まばたきをすると、薬液が鼻粘膜より吸収され、全身性の副作用の発生につながるおそれがある。

2 正
解説1参照

3 誤
本処方において、カルテオロール塩酸塩点眼液1%とレボフロキサシン点眼液1.5%を併用する際に、持続性のあるカルテオロール塩酸塩点眼液1%を先に点眼してしまうと、眼表面上で薄い膜を形成し滞留するため、後に点眼したレボフロキサシン点眼液1.5%の吸収が妨げられるおそれがある。そのため、カルテオロール塩酸塩点眼液1%とレボフロキサシン点眼液1.5%を点眼する際は、少なくとも10分の間隔を空けて、最後にカルテオロール塩酸塩点眼液1%を点眼するように指導する必要がある。

4 正
解説3参照


問283 解答 2、5

1 誤
ベンザルコニウム塩化物は、微生物による製剤の汚染の防止を目的とした保存剤として添加されている。

2 正
塩化ナトリウムは、浸透圧調節を目的とした等張化剤として添加されている。

3 誤
リン酸二水素ナトリウムは、経時的なpH変動の防止を目的とした緩衝剤として添加されている。

4 誤
水酸化ナトリウムは、pH調整を目的としたpH調整剤として添加されている。

5 正
アルギン酸は、点眼剤の粘稠性を高め、主薬の眼表面での滞留性向上を目的した増粘剤として添加されている。

 Myメモ - 0 / 1,000

e-REC 過去問解説システム上の [ 解説 ] , [ 解説動画 ] に掲載されている画像・映像・文章など、無断で複製・利用・転載する事は一切禁止いたします