平成28年度 第101回 薬剤師国家試験問題
一般 実践問題 - 問 327

Pin Off  未ブックマーク    |  |  |   
問 327  正答率 : 77.6%

 国家試験問題

国家試験問題
以下の処方に従い調剤された薬剤を監査した結果、問題とならない総重量(分包紙を含む)はどれか。1つ選べ。なお、分包紙重量は4包=2.5 gとする。
スクリーンショット 2016-10-04 13.58.32.png


1 24.8 g
2 32.5 g
3 35.5 g
4 42.7 g
5 49.7 g

 解説動画  ( 00:00 / 06:19 )

限定公開

 ビデオコントロール

 解説動画作成を要望!

 解答を選択

問 327    

 e-REC解説

解答 4

分包された散剤の重量のバラツキ誤差は6.1%以下、また全量の誤差は2%以下であることが望ましい。
本処方におけるエリスロマイシンエチルコハク酸エステルシロップ用20%の秤取量及び分包紙の重量は以下のように求めることができる。
【エリスロマイシンエチルコハク酸エステルシロップ用20%の秤取量】
1200 mg/1日×5日分=6000 mg
6000 mg÷200 mg/1 g=30 g
【分包紙の重量】
1日4回 5日分:分包紙の数=4包/日×5日=20包
分包紙の重量=20包×2.5 g/4包=12.5 g
これらのことから、本処方において問題とならない総重量(分包紙を含む)は41.9 g(30 g×0.98+12.5 g)〜43.1 g(30 g×1.02+12.5 g)となる。

 Myメモ - 0 / 1,000

e-REC 過去問解説システム上の [ 解説 ] , [ 解説動画 ] に掲載されている画像・映像・文章など、無断で複製・利用・転載する事は一切禁止いたします