薬剤師国家試験 令和03年度 第106回 - 一般 実践問題 - 問 206,207

問206〜207
76歳男性。体重50 kg。高血圧と心不全により入院となり、処方1が開始となった。入院時のeGFRは23.9 mL/min/1.73 m2であったが、尿量が増加し浮腫も徐々に改善して、状態も安定してきた。1週間後、便秘に対し処方2が開始となった。さらに1週間後、血清カリウム値が5.6 mEq/Lと上昇したため、経口ゼリー剤Aを追加した。

スクリーンショット 2021-06-30 15.45.55.png
問206(実務)
本症例において、注意する事項として正しいのはどれか。2つ選べ。

1 経口ゼリー剤Aを服用し忘れた場合、次回2回分服用する。
2 経口ゼリー剤A服用後、一度開封して残ったゼリーは冷所に保存する。
3 ジゴキシン中毒に注意する。
4 PT−INR値で出血の危険性をモニターする。
5 排便状況を確認する。


問207(物理・化学・生物)
経口ゼリー剤Aの成分の化学的性質に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 水溶性が高い。
2 陰イオン性を持つ。
3 カリウムイオンを吸着する。
4 塩化物イオンを吸着する。
5 キレート作用を持つ。

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る