薬剤師国家試験 平成31年度 第104回 - 一般 理論問題 - 問 116

ヒトの免疫担当細胞に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 特異的な抗原を認識したB細胞は、ヘルパーT細胞の助けを受けて、抗体産生細胞へと分化する。
2 マクロファージの細胞表面にあるFc受容体は、外来菌体成分と直接結合する。
3 肥満細胞は、B細胞に対する抗原提示能を有する。
4 活性化したヘルパーT細胞上に発現したCTLA−4(細胞障害性Tリンパ球抗原−4)分子は、その細胞自身に抑制性シグナルを伝える受容体として働く。
5 ナチュラルキラー細胞は、抗原感作を受けて初めて腫瘍細胞やウイルス感染細胞に対する傷害性を有する。

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
microphone解説動画 ( 29:06 ) 

ビデオコントロール
再生速度
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る