薬剤師国家試験 平成31年度 第104回 - 一般 理論問題 - 問 117

図1は一般的なグラム染色の手順①〜④とそれによるA菌及びB菌の染色結果を示している。また、図2は別の2種類の菌のグラム染色の結果である。グラム染色及びその結果に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
スクリーンショット 2019-06-14 10.54.58.png

1 グラム染色に用いる試薬は、①がルゴール液、②がクリスタルバイオレット溶液、③がエタノール、④がサフラニン溶液である。
2 ④では、A菌は濃いピンク色に、B菌は青紫色に染色される。
3 A菌はグラム陽性菌であり、B菌はグラム陰性菌である。
4 黄色ブドウ球菌のグラム染色の結果は、図2のアのようになる。
5 芽胞を形成している菌をグラム染色すると、図2のイのように内部の一部が染色されにくいことがある。

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
microphone解説動画 ( 09:16 ) 

ビデオコントロール
再生速度
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る