薬剤師国家試験 平成31年度 第104回 - 一般 理論問題 - 問 129

化学物質の毒性試験に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 単回投与毒性試験の目的の1つは、許容一日摂取量(ADI)を決定することである。
2 単回投与毒性試験は、食品添加物の申請に要求される。
3 反復投与毒性試験の目的の1つは、無毒性量(NOAEL)あるいは最小毒性量(LOAEL)を決定することである。
4 遺伝毒性試験には、DNA損傷を検出する試験法と、染色体異常や遺伝子突然変異を検出する試験法がある。
5 催奇形性試験は、動物愛護の観点から、げっ歯類のみで行うことが推奨されている。

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る