薬剤師国家試験 平成31年度 第104回 - 一般 理論問題 - 問 159

成長ホルモン(GH)関連薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ブロモクリプチンは、下垂体のGH産生細胞に作用し、GHの産生・分泌を促進する。
2 ペグビソマントは、GH受容体を選択的に遮断し、インスリン様成長因子-1(IGF-1)の産生を抑制する。
3 メカセルミンは、下垂体のソマトスタチン受容体を刺激し、GHや甲状腺刺激ホルモン(TSH)の産生・分泌を抑制する。
4 ソマトロピンは、IGF-1の産生を誘導し、軟骨内骨形成を促進する。
5 オクトレオチドは、下垂体のドパミンD2受容体を刺激し、GHやプロラクチンの産生・分泌を抑制する。

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
microphone解説動画 ( 14:26 ) 

ビデオコントロール
再生速度
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る