薬剤師国家試験 平成31年度 第104回 - 一般 理論問題 - 問 192,193

問192 
35歳男性。身長172 cm、体重67 kg。頭痛と四肢の脱力感があり、血圧が180/110 mmHgであったため病院を受診した。血液検査の結果、血清カリウム値は3.0 mEq/Lであった。血中の甲状腺ホルモン値、カテコールアミン値、ACTH値には異常を認めず、腹部CT検査にて両側副腎の腫大を認めた。本症例に対する治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 プレドニゾロン
2 スピロノラクトン
3 アムロジピン
4 フロセミド
5 ニトログリセリン


問193 
前問で選択した2つの薬物を長期服用したところ、女性化乳房が出現した。この副作用発現に関わる受容体として正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ドパミンD2受容体
2 グルココルチコイド受容体
3 アンドロゲン受容体
4 アルドステロン受容体
5 プロゲステロン受容体

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
microphone解説動画 ( 10:13 ) 

ビデオコントロール
再生速度
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る