薬剤師国家試験 平成31年度 第104回 - 一般 実践問題 - 問 296,297

66歳女性。忙しい夫の会社を手伝っている。遠方に住む共働きの息子夫婦に半年ほど前に子供ができ、世話を頼まれたので、忙しい中、自宅と息子夫婦の家の行き来を繰り返している。2〜3週間前より、気分が優れず、食欲がなくなり、眠りにつくにも時間がかかるようになった。女性は、理由はわからないが「きっと私のせいで夫の会社が倒産する」と思うようになった。心配した夫と一緒に精神科を受診し、うつ病と診断された。
以下の処方せんを持ってこの患者が来局した。

スクリーンショット 2019-07-16 11.35.29.png

問296 (病態・薬物治療)
この患者の病態、症状及び検査に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 Self−rating Depression Scale(SDS)は診断に有用な評価スケールである。
2 被害妄想状態が認められる。
3 誇大妄想や精神運動抑止が認められる。
4 食欲不振は身体症状である。
5 睡眠障害は中途覚醒である。


問297(実務)
薬剤師がこの患者に対して行う説明として、適切なのはどれか。2つ選べ。

1 胃腸症状が出現したら休薬してください。
2 処方1は、処方2の副作用を軽くするための薬剤です。
3 睡眠途中で目覚めた時の出来事を覚えていないことがあります。
4 口が乾くことがあります。
5 処方2と処方3の薬剤は長期間服用する必要があります。

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
microphone解説動画 ( 14:05 ) 

ビデオコントロール
再生速度
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る