薬剤師国家試験 平成31年度 第104回 - 一般 実践問題 - 問 326

55歳女性。159 cm、60 kg。卵巣がんにて、パクリタキセル、カルボプラチン、ベバシズマブを用いた外来化学療法を施行している。来院日の臨床検査値から判断して、医師はレノグラスチム注100 μgを投与して、以下の処方を追加した。臨床検査値は、体温37.8℃、白血球数2×103 個/μL、好中球40%(白血球百分率)、血清クレアチニン値0.64 mg/dL、eGFR 74.0 mL/min/1.73 m2であった。

スクリーンショット 2019-07-08 13.03.07.png

薬剤師はこの処方に疑義を抱いた。薬剤師が行う処方提案として、適切なのはどれか。2つ選べ。

1 セフカペンピボキシル塩酸塩錠100 mgを1回1錠、1日2回朝夕食後にする。
2 セフカペンピボキシル塩酸塩錠100 mgを1回1錠、1日1回朝食後にする。
3 レボフロキサシン錠250 mgを1回1錠、1日1回朝食後にする。
4 レボフロキサシン錠500 mgを1回1錠、1日1回朝食後にする。
5 シプロフロキサシン塩酸塩錠100 mgを1回2錠、1日2回朝夕食後にする。

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る