薬剤師国家試験 平成31年度 第104回 - 一般 実践問題 - 問 327

58歳男性。仕事が忙しくきちんと食事をとれていなかった。2日前から、下肢の筋肉けいれんが頻発するため病院を受診した。血液検査の結果、低カルシウム血症(血清カルシウム値7.0 mg/dL)であることが判明し、医師は下記の薬剤を処方した。処方に基づいて調製された輸液のカルシウム濃度(mEq/mL)に最も近い値はどれか。1つ選べ。ただし、グルコン酸カルシウム水和物の分子式はC12H22CaO14・H2O、分子量は448.4、カルシウムの原子量は40とする。

スクリーンショット 2019-07-08 13.11.47.png

1 0.38
2 0.19
3 0.076
4 0.038
5 0.019

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
microphone解説動画 ( 08:08 ) 

ビデオコントロール
再生速度
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る