薬剤師国家試験 平成31年度 第104回 - 一般 実践問題 - 問 339

37歳男性。身長170 cm 体重62 kg。食道狭窄及び消化管出血のため絶食となり、高カロリー輸液の投与が開始された。他に投与されている薬剤はない。

スクリーンショット 2019-07-08 14.12.00.png

スクリーンショット 2019-07-08 14.12.08.png

25%ブドウ糖含有の基本輸液、10%アミノ酸含有総合アミノ酸製剤1バッグ当たりのカリウム及びナトリウム量は以下のとおりである。

スクリーンショット 2019-07-08 14.12.14.png

この処方を監査した薬剤師が、医師に照会すべき内容として適切なのはどれか。1つ選べ。

1 投与水分量の不足
2 味覚障害の発症
3 投与ナトリウム量の不足
4 偽アルドステロン症の発症
5 乳酸アシドーシスの発症

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る