薬剤師国家試験 令和02年度 第105回 - 一般 実践問題 - 問 206,207

98歳女性。体重30 kg。逆流性食道炎のため、薬物アが処方された。

スクリーンショット 2020-06-27 9.43.28.png

薬剤師が処方監査を行ったところ、粉砕して服用すると問題があることが判明したため、処方の変更を医師に提案することとなった。

スクリーンショット 2020-06-27 9.43.34.png

問206(物理・化学・生物)
薬物アが生体内において受ける変化(A〜D)に関する記述のうち、粉砕した後に服用すると問題が起こる理由と深く関連しているのはどれか。1つ選べ。

スクリーンショット 2020-06-27 9.43.52.png

1 Aの反応が胃内の環境において加速される。
2 Bの過程で不斉中心が消失する。
3 Cの過程で硫黄原子上における求核置換反応が進行する。
4 Dの過程で薬物が酵素のシステイン残基と反応する。
5 A〜Dの反応が胃壁細胞のプロトンポンプ付近で起こる。


問207(実務)
粉砕して服用する場合の不都合を回避するために、当該病院の採用薬の中から薬剤師が提案する薬物として、適切でないのはどれか。1つ選べ。ただし、これらの薬剤は全て錠剤であり粉砕して用いるものとする。

スクリーンショット 2020-06-27 9.44.11.png

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
microphone解説動画 ( 09:08 ) 

ビデオコントロール
再生速度
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る