薬剤師国家試験 令和02年度 第105回 - 一般 実践問題 - 問 212,213

35歳女性。肺動脈性肺高血圧症のためにイロプロスト吸入液を使用していた。しかし、仕事で出張が多くネブライザーを持ち歩いての使用に不都合があるため、下記の薬剤へ変更となった。
スクリーンショット 2020-06-29 10.12.21.png

問212(実務)
薬剤師が行う患者への説明として、適切なのはどれか。2つ選べ。

1 副作用として頭痛が起こることがあります。
2 血液を固まりやすくする作用があります。
3 噛まずに服用してください。
4 妊娠していても服用可能です。


問213(物理・化学・生物)
イロプロストやベラプロストナトリウムはプロスタグランジンI2の構造をもとに開発された薬物である。これらに関する記述のうち、最も適切なのはどれか。2つ選べ。
スクリーンショット 2020-06-29 10.13.27.png

1 イロプロストはプロスタグランジンI2の部分構造aの酸素原子を炭素原子に置換することにより、シトクロムP450による代謝を受けやすくしている。
2 ベラプロストナトリウムはプロスタグランジンI2のプロドラッグである。
3 ベラプロストナトリウムはカルボン酸部位を塩とすることにより、水溶性を向上させている。
4 プロスタグランジンI2の部分構造aの二重結合の立体化学はE配置である。
5 ベラプロストナトリウムはプロスタグランジンI2の部分構造aに芳香環を導入することにより、酸性条件下での安定性を向上させている。

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
microphone解説動画 ( 13:52 ) 

ビデオコントロール
再生速度
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る