薬剤師国家試験 令和02年度 第105回 - 一般 理論問題 - 問 93

フルオレセインナトリウムは、蛍光眼底造影剤として用いられている。図にフルオレセインナトリウム水溶液の励起スペクトル及び蛍光スペクトルを示す。このスペクトルを測定する際の蛍光光度法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
スクリーンショット 2020-06-10 12.17.45.png

1 図中の破線が蛍光スペクトル、実線が励起スペクトルである。
2 横軸の波長の単位はµmである。
3 フルオレセインナトリウムの蛍光強度は、希薄溶液であれば濃度に比例する。
4 一般に光源として、キセノンランプを用いる。
5 温度が変化してもフルオレセインナトリウムの蛍光強度には変化がない。

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
microphone 解説動画1 ( 12:21 )  

ビデオコントロール
再生速度
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る