薬剤師国家試験 令和03年度 第106回 - 一般 実践問題 - 問 222,223

問222〜223
35歳女性。病院を受診したところ関節リウマチと診断され、以下の処方で治療を開始することになった。

スクリーンショット 2021-07-01 11.09.57.png

問222(実務)
(     )に入る葉酸錠の服用方法として適切なのはどれか。1つ選べ。

1 月曜日 1日1回 朝食後
2 火曜日 1日1回 朝食後
3 水曜日 1日1回 夕食後
4 木曜日 1日1回 夕食後
5 金曜日 1日1回 夕食後


問223(物理・化学・生物)
処方箋を受けた薬剤師は、核酸代謝における処方1、2と処方3を併用することの有用性について実務実習に来ている学生にわかりやすく説明するため、次に示すような図を作成した。この図の説明として正しいのはどれか。2つ選べ。

1 細胞増殖の際におこるDNA合成において、Aが前駆体として使われる。
2 Bがテトラヒドロ葉酸で、Cがジヒドロ葉酸である。
3 メトトレキサートはCからDの反応を触媒する酵素を阻害する。
4 処方3に含まれる葉酸は、体内でジヒドロ葉酸還元酵素の作用を受けることでCとなり効果を示す。
5 処方3に含まれる葉酸により、メトトレキサートが作用する酵素の活性を増強することが期待される。

スクリーンショット 2021-07-01 11.11.44.png

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
microphone解説動画 ( 06:23 ) 

ビデオコントロール
再生速度
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る