薬剤師国家試験 平成30年度 第103回 - 一般 理論問題 - 問 105

図は、タンパク質加水分解酵素キモトリプシンの酵素活性部位における相互作用を模式的に示したものである。この図に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
スクリーンショット 2018-08-15 13.34.57.png

1 His 57とSer 195との間の相互作用は、Ser 195のヒドロキシ基の求核性を高めている。
2 Asp 102とHis 57との間の相互作用はHis 57のイミダゾリル基の塩基性を低下させている。
3 疎水性ポケットと基質タンパク質との間の相互作用は、酵素の基質特異性を高めている。
4 Ser 195のヒドロキシ基は、基質タンパク質をプロトン化することによって、ペプチド結合の切断を容易にしている。

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
microphone解説動画 ( 10:57 ) 

ビデオコントロール
再生速度
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る