薬剤師国家試験 平成30年度 第103回 - 一般 実践問題 - 問 210,211

6歳男児。体重20 kg。身長120 cm。扁桃炎と診断され、この男児の処方せんを、母親が薬局に持参した(処方1)。
スクリーンショット 2018-09-03 15.32.36.png

問210(物理・化学・生物)
セフジニルは鉄イオンに配位し、キレートを形成する。矢印で示したセフジニルの原子のうち、鉄イオンに最も配位しにくいのはどれか。1つ選べ。
スクリーンショット 2018-09-03 15.32.51.png


問211(物理・化学・生物)
本症例に対し、薬剤師が行う対応の中で適切なのはどれか。2つ選べ。

1 セフジニル細粒10%の投与量について医師に疑義照会する。
2 セフジニル細粒10%からレボフロキサシン水和物製剤への処方変更を医師に提案する。
3 セフジニル細粒10%は鉄剤と一緒に服用するように指導する。
4 症状が途中で改善したら服用を終了するように指導する。
5 尿や便が赤色調を呈することがあると説明する。

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
microphone解説動画 ( 12:56 ) 

ビデオコントロール
再生速度
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る