薬剤師国家試験 平成31年度 第104回 - 一般 理論問題 - 問 141

治験におけるインフォームド・コンセントに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 治験の実施前に文書を用いて被験者に説明し、文書により被験者から同意を得ることが原則である。
2 治験において予測される臨床上の利益や危険性を説明してあれば、他の治療法に関する説明を行う必要はない。
3 治験に関連する健康被害が発生した場合に受けることができる補償及び治療について被験者に説明しなければならない。
4 治験の成果が学術論文として公表される場合、学術上の必要があれば被験者の秘密を記載することを被験者に説明しなければならない。
5 専門的事項の説明では、平易な表現を説明文書に用いる必要はない。

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
microphone解説動画 ( 05:06 ) 

ビデオコントロール
再生速度
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る