薬剤師国家試験 令和02年度 第105回 - 一般 理論問題 - 問 96

0.100 mol/Lリン酸二水素一ナトリウム水溶液10.00 mLを0.100 mol/L水酸化ナトリウム水溶液で中和滴定する。この滴定に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。ただし、リン酸は三塩基酸で、pKa1=2.12、pKa2=7.21、pKa3=12.32であり、log102=0.301、log103=0.477とする。

1 10.00 mLを正確に量るために、メスピペットが用いられる。
2 滴定前のリン酸二水素一ナトリウム水溶液のpHは約1.6である。
3 水酸化ナトリウム水溶液を9.00mL加えたとき、滴定溶液のpHは約8.2である。
4 水酸化ナトリウム水溶液を10.00 mL加えたとき、滴定溶液のpHは約9.8である。
5 この滴定の終点(10.00 mL付近)の検出には、pH指示薬としてメチルオレンジが適している。

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る