薬剤師国家試験 令和03年度 第106回 - 一般 理論問題 - 問 162

抗血栓薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ダルテパリンは、アンチトロンビンと複合体を形成して第Ⅹa因子よりもトロンビンを強く阻害する。
2 アルガトロバンは、アンチトロンビン非依存的にトロンビンのセリンプロテアーゼ活性を可逆的に阻害する。
3 ウロキナーゼは、フィブリンに対する親和性が高く、血栓上でプラスミノーゲンをプラスミンに変換する。
4 トロンボモデュリン アルファは、プロトロンビンに結合してプロテインCを活性化する。
5 チカグレロルは、ADP結合部位とは異なる部位に結合してADP P2Y12受容体を選択的かつ可逆的に遮断する。

User_Business_24REC講師による詳細解説! 解説を表示
microphone 解説動画1 ( 20:50 )  

ビデオコントロール
再生速度
この過去問解説ページの評価をお願いします!
  • わかりにくい
  • とてもわかりやすかった

評価を投稿

他の解説動画を見る